犬猫の血液検査のはなし<第1話>

〜血液検査の種類〜

一般的な動物病院で行われる血液検査は主に血液生化学検査血球計算検査があります。

ほかには,血液をスライドグラスに塗抹して顕微鏡で血球像を確認する検査や凝固検査などもあります.

血液生化学検査では,血液中に含まれる化学物質の含有量を測定します。

血液中に含まれる化学物質とは以下のようなものをさします.

  • 血中有機物(クレアチニン,尿素窒素,グルコースなどなど...)
  • 酵素(アミラーゼ,ALT,ASTなどなど...)
  • 電解質(Na,K,Clなどなど...)

血球計算検査とは,血液中の赤血球や白血球の種類や数をカウントする検査です.

動物病院での血液検査の項目は,主に以下のような項目で人間の血液検査でよく見かける項目も多々あるのではないでしょうか.

血液生化学検査
血中有機物 酵素 電解質
GLU,TP,ALB,CRE,BUN,T-Bil,T-cho,TG... ALT(GPT),AST(GOT),ALP,アミラーゼ...

Na,K,Cl,P,Ca...

血球計算検査
赤血球系 白血球系 血小板系
RBC,PCV,Hb,MCV,MCH,MCHC Band,Seg,Lym,Mon,Eos,Bas

Plt

→ 犬猫の血液検査のはなし<第2話>