ペットの皮膚疾患 〜細菌・真菌編〜

皮膚疾患の主な原因は以下があげられます。

本章では細菌・真菌由来の皮膚疾患について取り上げます。

・感染 :細菌(膿皮症 etc…)、真菌(マラセチア性皮膚炎皮膚糸状菌症 etc…)、寄生虫(疥癬、耳疥癬 etc…)

・刺激 :紫外線、暖房機器による低温やけど

・内分泌異常 :甲状腺機能低下症、副腎皮質機能低下症、エストロゲン過剰症

・免疫異常 :アレルギー疾患、自己免疫性疾患

・遺伝 :肉芽腫性脂腺炎、家族性皮膚筋炎、毛周期停止(脱毛症 X)、亜鉛反応性皮膚炎

・腫瘍 :表皮、毛包、毛包付属器、真皮、皮下組織、血液

・代謝異常 :黄色脂肪腫、代謝性上皮壊死症、亜鉛反応性皮膚炎、

・行動異常 :舐性皮膚炎、心因性脱毛

 

膿皮症

皮膚において細菌が異常に増殖して炎症を起こす。

炎症の部位により表在性膿皮症深在性膿皮症に分類される

犬に多い。犬のイラスト「焦った顔」

主な原因は犬の皮膚の常在菌であるブドウ球菌の増殖。

常在菌の異常増殖の主な背景、、、

・年齢:若齢期の敏感な肌、高齢による新陳代謝の低下によるなど

・外的刺激:不適切なスキンケア、自傷、外傷

・感染症:ニキビダニ症、皮膚糸状菌症、ノミ刺症

・内分泌異常:副腎皮質機能亢進症、甲状腺機能亢進症、性ホルモン失調

・先天的要因:シワの多い犬種、先天性角化症、本態性脂漏症

・アレルギー:犬アトピー、食物アレルギー、ノミアレルギー性皮膚炎、疥癬

・環境要因:高温多湿

・その他:肝疾患、糖尿病、ステロイドの長期投与

主な症状

皮膚炎

様々な程度の掻痒

表在性膿皮症

丘疹、膿疱、表皮小環などの皮疹。下腹部や背中に好発する。

丘疹

「丘疹」の画像検索結果

膿疱                   表皮小環

「膿疱 犬」の画像検索結果   膿皮症

深在性膿皮症

丘疹、結節(丘疹よりも大きなできもの)、瘢痕などの皮疹。表在性膿皮症よりも強い掻痒感。疼痛、周囲組織の浮腫や壊死、発熱、リンパ節腫大、活動性低下。全身どこでも発生するが、短頭種は加圧部に発症しやすい。

治療

・全身性抗菌薬(セフェム系抗菌薬のセファレキシン)

・薬用シャンプー(ノルバサンシャンプー、ビルバゾイル、エチダン、、、など)

「ノルバサンシャンプー」の画像検索結果 「ビルバゾイル」の画像検索結果 「エチダン」の画像検索結果

 

マラセチア性皮膚炎

「マラセチア」の画像検索結果

脂っぽい皮膚を好む酵母菌様の真菌であるマラセチアの増殖によって起きる。

健康な犬猫でも口の周囲や耳道、指間、肛門周囲、肛門嚢に常在している。

発症の背景

・先天的背景(脂っぽい体質で発症し、加齢によって悪化する。コッカーやウエスティ、バセット、ダックス、シーズーなどの犬種で好発)

・後天的背景(アレルギー(アトピーや食物アレルギー)、内分泌疾患)

症状

間擦部にベタつく皮脂や鱗屑を伴う発赤や脂漏臭。さまざまな程度の掻痒。

掻破による裂毛や外傷。皮疹の発生(耳介、あご、口周囲、指間、下腹部、内股、肛門など)

慢性化で色素沈着、苔癬化。高温多湿で悪化することが多い。

治療

抗真菌薬による全身および、局所の治療。(イトラコナゾール、ケトナゾール、テルビナフィン)

抗真菌薬入りのシャンプーによる治療。(マラセブ、セボゾールなど)

皮膚糸状菌症

「皮膚糸状菌症 大分生子」の画像検索結果

皮膚糸状菌(主に犬小胞子菌)に感染することで起きる。

イヌネコでは主に毛包に寄生することが多い。

ネコでは犬小胞子菌に対して耐性があると考えられており、一般に症状が軽く、成猫では不顕性感染も見られる。

イヌでは発生が稀ではあるがネコよりも症状が重篤になることが多い。

感染経路

・保菌動物との接触

・保菌動物の感染被毛鱗屑

症状

・境界明瞭な楕円形ないし類円形の紅斑性落屑性脱斑

「皮膚糸状菌症」の画像検索結果 「皮膚糸状菌症」の画像検索結果

・二次感染により腫脹、滲出、出血、びらん、痂皮形成、膿瘍が見られる。

治療

抗真菌薬による全身的および局所的治療

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です