Zoonosis 〜第1章 Zoonosisとは〜

Zoonosisとは...?

zoonosisとは日本語で人獣共通感染症のことで,「自然な状況下でヒトと動物間で伝播する疾患あるいは感染症」のこと.

代表的なzoonosisとして狂犬病鳥インフルエンザなどが挙げられます.

この章では,Zoonosisとは何か,Zoonosisに対する取り組みなどについて書きます.以降の内容は以下を予定しています.書きたいところから書くので,準備中のページもあるかもしれませんのでよろしくお願いいたします.

 

第2章 動物の輸出入

第3章 狂犬病について

第4章 寄生虫Ⅰ(内部寄生虫・外部寄生虫)

第5章 寄生虫Ⅱ(原虫類)

第6章 ダニ媒介性疾患

第7章 鳥インフルエンザ・SARS・カンピロバクター腸炎

第8章 真菌症について

第9章 その他の人獣共通感染症Ⅰ

第10章 その他の人獣共通感染症Ⅱ

Zoonosisはどれくらい存在する...?

・ヒトの感染症・・・・・・約1700種類

・うちzoonosis・・・・・・約800種類

・日本で問題となるzoonosis・・・約40種類

 

 

Zoonosisはどうやって感染・伝播する・・・?

感染症などの感染方法は大きく分けて2通りあり,1つが水平感染でもう1つが垂直感染です.

垂直感染は母子間での感染なので,zoonisisで問題となるのは水平感染のみとなります.

水平感染はさらに接触感染(直接・間接)経気道感染(飛沫・空気・粉塵)経口感染に分類できます.

 

 

Zoonosisに対する取り組み...

<法律>

感染症法(感染症の予防および感染症の患者に対する医療に関する法律)

…目的:感染症の発生予防,蔓延の防止を図り,もって公衆衛生の向上及び増進を図る.

…対象:家畜,犬,サル類...など

家畜伝染病予防法

…目的:家畜の伝染病の発生予防,蔓延の防止を図り,畜産の振興を図る.

…対象:牛,豚,ヤギ,シカなどの偶蹄類.馬,ロバなどの馬科動物.家禽(鶏,うずらなど),犬,うさぎ,みつばち…

・狂犬病予防法

…目的:狂犬病の発生,蔓延を防止し,及びこれを撲滅することにより,公衆衛生の向上及び福祉の増進を図る.

…対象:犬,猫,あらいぐま,きつね,スカンクなど

・動物愛護法(動物の愛護および管理に関する法律)

…目的:国民の間に動物を愛護する気風を招来し,生命尊重,友愛および平和の情操の涵養に資するとともに,動物の管理に関する事項を定めて動物による人の生命,身体及び財産に対する侵害を防止する.

 

動物取り扱い業とは...?

動物取扱業を営むものは事業所・業種ごとに都道府県知事または政令市長の登録を受けなけれなならない.また,動物の管理方法や飼養施設の規模や構造などの基準を守ることが義務づけられている.

実験動物,産業動物以外の哺乳類,鳥類,爬虫類が対象となる.

<第一種動物取扱業>

営利目的である.

販売,保管,貸し出し,訓練,展示,競り斡旋,譲受飼育など.

<第二種動物取扱業>

非営利である.

哺乳類,爬虫類,鳥類などの動物種,及び大きさにより頭数制限がある.

 

 

⇨ Zoonosis 〜第2章動物の輸出入〜

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です